『あさぎり町議選』

ご覧いただきありがとうございます。新聞屋の小出です♪

投票は行かれたでしょうか?今回は「あさぎり町議選」について解説します。

◎投票率が大幅に低下

前回の選挙と比べ、投票率が7%減少し、過去最低を記録しました(今回70.87%)原因は、選挙の争点が見えにくかった事や、コロナの影響での選挙活動の自粛などが挙げられています。

◎あさぎり町の財政懸念

人口減少や産業衰退などで、町の収入は年々少なくなってきています。さらに、合併時の優遇措置が昨年で終了し、財政基金から取り崩している状況です。

簡単にいうと、税金を納める人が減り、国からの支援もなくなり今は町の「貯金」を切り崩しているという事です。

◎まとめ
現在、コロナウイルスの影響で、外出がなかなかできないので、消費が内側にいくような世の中になっています。必然的に地元の町にいる時間が長くなるという事なので、町政や町議の役割が以前より重要になるのではないでしょうか?

関連記事「地方制度調査会」

「新聞」の読み方や熊日申込はこちら♪