『わかりやすいPCR検査のしくみ』

ご覧いただきありがとうございます。新聞屋の小出です♪

今日は熊日の小中学生新聞「くまTOMO」から「PCR」についてQ&A形式で解説した記事をまとめました。今後コロナの第2波にそなえPCR検査を増やす都道府県もでてくると思います。参考になればありがたいです♪

「PCR(ポリラーゼ連鎖反応)」とは、ごくわずかな量の遺伝子を大量に増やして分析できるという手法です。

Qそもそも遺伝子って?

A. DNAやRNAに記録された生物の遺伝情報です。DNAは4種類の塩基(えんき)がたくさん並んだ長い分子が2本合わさった「2重らせん」でできています。細胞核の染色体に折りたたまれて入っており、必要に応じて塩基配列の゛暗号゛が読み取られてさまざまな生命現象が起きます。

Q「PCR」って?

A. もともと細胞にもある「ポリメラーゼ」という酵素の働きを利用し、狙ったDNAの断片を増やす手法です。1983年にアメリカのベンチャー企業の研究員だった故キャリー・マリス博士が開発しました。車を運転している時にアイデアがひらめいたそうです。革新的な成果で93年にノーベル化学賞を受賞しました。

Qどうふやすの?

A.鍵を握るのが「プライマー」という短い人工的な遺伝子です。増やしたいDNA断片の塩基配列を目印にして設計します。DNAを1本ずつに分け、プライマーを加えると端にくっついて新たなDNA合成が始まります。1回の反応で量が2倍になり、これを繰り返して大量に増やすことができます。RNAも増やせます。

Qなぜふやすの?

A.新型コロナウイルスなどの感染の有無を知るには検体に含まれるウイルス遺伝子を調べるのが有効ですが、量が少ないと確認できません。ウイルス遺伝子を増やすPCR検査なら精度を上げることができます。素早く分析できる「リアルタイムPCR」の技術が使われています。

Q他には?

A.塩基配列のパターンに基づいて人物を特定したり、血縁関係を見分けたりする「DNA鑑定」に応用されています。湖の水など環境中の生物の遺伝子を調べ、絶滅危惧種を保護したり、外来種を駆除するのにも役立っています。

PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)の原理 2020.6.6熊日

「新聞」の読み方や熊日申込はこちら♪