「薬局経営 コロナで悪化」

ご覧いただきありがとうございます。新聞屋の小出です。今回は熊日くらし面から「薬局経営 コロナで悪化」についてまとめました。

なぜ悪化しているのか?

新型コロナの感染拡大で、調剤薬局の収益が大幅に落ち込み、経営が悪化していることが日本薬剤師会の調査で分かった。

外出自粛に伴い、患者が受診を控え処方箋を受け取る回数が減り薬剤師の技術料にあたる調剤報酬が減少したことが響いた。全国52の薬局でサンプル調査を行った所、昨年4月と比べ患者数は23%減、調剤報酬も14%減った。

処方箋当たりの投薬期間が「31日以上」が9%増えた一方、「14日以下」は40%減少した。患者が薬局にくる回数を減らすため一度に長期間の薬を処方してもらう長期処方が進み、処方箋の数が減ったことも影響した。

コロナ渦以降、薬の販売量自体は増えていますが、多くの薬局で売上高が横ばい。薬剤費はもうけが少ないため、全体の収支でみるとマイナスになっている。

薬剤師会の声

・「薬局が倒産すれば、特に医療資源の少ない地方では、医療体制に深刻な影響が出る」

・「収益が35%落ち込んだ薬局も出ている。小規模薬局はコロナ渦で倒産が相次ぐだろう」

薬剤師会は、国に人件費補助などの財政支援を求めています。

まとめ

新型コロナの影響が薬局にでているとは、驚きました。全体の売り上げはあまり変わらないけど、利益率の高い商品が売れないって事が収益悪化の原因のようですね。

薬局の倒産が増えてくると、医療体制が崩れるおそれがあり、早急な対応が必要ですね。

国の支援は、前年比売上が50%以上減少している事業者には補助金がでますが、収益が悪化していても対象とはなりません。

会社の収益の悪化は、様々な原因があり一概には言えませんが、薬局にように連鎖的に収益が悪化する企業が今後増えそうですね。私の会社もコロナの影響で収益は大幅に悪化する見込みです。政府にはこういった企業にも支援を広げてもらいたいと個人的には思いますが、難しそうですね。。