レジ袋有料化についてわかりやすく解説

環境を汚すプラごみを減らす目的

プラごみは海洋汚染の原因

7月からスーパーやコンビニエンスストアなど全国の店で、買い物持ち帰りに利用する使い捨てレジ袋にお金はらう有料化が始まりました。買い物に自分のバックをもって行くようにして、レジ袋を減らす狙いがあります。

レジ袋は普通、石油から作るプラスチックでできています。世界ではレジ袋などのプラスチックのごみが大量に流れこみ、環境を汚しています。死んだクジラの体の中からたくさんのプラスチックの袋が見つかるなど、野生生物の被害も増えています。

さらに、波の力などで細かくくだかれたプラスチックの破片が、えさと間違えた魚や貝にたまり、食べた人の体にも入ると心配されます。

小さな破片には、海の中の有害な物質がくっつきやすく、人の健康を恐れがあるからです。プラスチックごみは燃やすと、二酸化炭素(CO2)が出て、地球温暖化の原因にもなります。

多くのコンビニ店は7月から、無料だったレジ袋が1枚2~5円になりました。デパートなどではレジ袋を紙袋に代える動きも広がりました。

ただ、トウモロコシといった植物から作るプラスチックが25%以上ふくまれたレジ袋などは、環境への悪影響が少ないとされ、有料化の例外になりました。日本マクドナルドや吉野家は、このレジ袋を無料で渡します。

レジ袋はプラゴミ全体の約2%

日本で1年間に出るプラごみ約900万㌧のうちレジ袋は約2%。ペットボトルや食品の入れ物、家電、車の部品などもプラごみになります。海外ではレジ袋のほか、プラスチックストローなどの使用を禁止した国もあり、日本でもプラごみを減らす国の規制の強化が必要です。

日本は世界から出遅れている

海外ではごみを少なくして環境を守ろうと、多くの国がレジ袋などのプラスチックを減らす取り組みに熱心です。レジ袋有料化を始めたばかりの日本は出遅れています。

中国では2008年に使い捨てされやすい薄いレジ袋の生産や販売を禁止。イギリスは15年に使い捨てレジ袋を有料化し、フランスも16年に使い捨てレジ袋の使用を禁止しました。

日本は国民1人当たりのレジ袋などのプラスチックごみを出す量が年間約32㌔とアメリカに続き世界2位。このままでは世界各国から、日本はプラごみをたくさん出すのに、ごみを減らす努力が足りないと思われます。

日本のプラごみは大半は燃やされ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を出しています。今後はごみ減らしとともに、ごみからプラスチックを生み出すリサイクルの努力もいっそう求められます。

参照8/1熊日朝刊「くまTOMO」

「新聞」の読み方や熊日申込はこちら♪